『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
ガンダムSEED DESTINY PHASE-16 インド洋の死闘 の感想です。
長々と書いた感想は私の感想メインのホームページに書いてありますのでそちらもどうぞ!
前回のEDITEDに意気消沈し、DESTINY欠乏症になった1週間でしたね!待ちに待った続きだったんですが、なんでしょうあんまり燃えも萌えも無かったですね。

では、PHASE-16の感想。
今回の私的3大ニュース!
1.インパルスの発進シーンは無駄!
2.連合3人組は、そこそこの活躍!
3.Life Goes OnとガンプラのCM!

1.今回のインパルスの発進シーンなんですが、妙に細かい所まで描かれてて長かったですよね。何故でしょう?第2クール初の発進だったからかな。たいてい私は、こういうメカアクションにはかなり食い付いて燃えていたと思うんですが、全然ココロに響かなかったんですよね。原因は、分かっているのです、私がインパルスに燃えていないから…。あれだけ複雑な発進プロセスを見せ付けられても、「細かいところまで凝って作ってあるなー」とは思わずに「発進までにどんだけ無駄な行程でタイムロスしとんねん!」とつっこみの感情しか湧いてきません。破損後の換装システムは効率が良いのかもしれませんが、発進は合体した状態の方が絶対効率良いよ。

2.今回は前回の予告からアウル祭りだと想像したんですが、盛大な祭りじゃなく町内会の祭りぐらいでした。とはいえ、グーンとボズゴロフ級の潜水母艦は撃ち取りましたから、アウル大活躍には変わりありません。ステラの活躍所は、戦闘前のネオとの絡みだったんではないでしょうか?ネオは保護者って感じでしたが、ステラはいつも通りネオに盲目でしたね。スティングは…、セイバーと一騎打ち、後はネオと一緒に頑張ってましたね。

3.今回の感想なんですが、自分の中であんまり盛り上がらなかったんですよねー、つまらない訳じゃなかったんですが…。実は30分の中で一番燃えたのが、Life Goes OnのCMだったりするんですよね。Aパート終わりで突如流れてきたLife Goes Onのメロディーに引き込まれて、荒野で歌う有坂美香さんの姿に目を奪われ。さらに荒野を彷徨う兄妹?はシンとマユなのかと想像し、男の子が最後に叫んでる場面では、女の子はどうなったんだよー!と本気で心配してみたり。こういう気持ちの昂りが本編で無かったんですよねー。ちなみに30分の中で一番テンションが下がったのは、ガンプラのCMのコスプレでした…、ありゃーひどすぎるよ。

気づいたもの…
・音楽が重なってなかったので「仔猫ちゃん」が聞き取りやすかった!
・やっぱりネオとムウの喋り同じ過ぎ。
・ステラ置いてくのー!
・2人きりにするスティングとアウルは気が利きすぎ。
・さっすが、アーサーくんです「また、ミラージュコロイドか!」
・unknownにしてはデータが色々出てるネオ。
・「白い坊主君」と「ザフトのエース君」
・「文句言うだけなら誰だって!」シンの言うとおりだよ。
・グーンとザクどっちが水中戦向きなの?
・前回に引き続き、戦闘中にアスラン会話多すぎ。
・ガイア海水面を走る!
・と思ったら、浅瀬だった。
・ステラわんちゃんをわざわざ静止して受け止める愛犬家のインパルス。
・いきなり発砲かよ!威嚇射撃で良かったんじゃない?
・やられ役は常にルナマリア
・アウルの「ボケー」が何か気に入りました。
・ビンタの音が軽薄すぎる。
・シンの行動はヒーローごっこなのかなー?
・もちろん命令無視はダメだけどね。
・タリアは何でため息ついたの?ブリッジに回線繋がってたのか?
・次回でAAの進路が分かるかな。
スポンサーサイト

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。