『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
あー、次回で最終回なのかー。っと、しんみりした第10回です。

地震発生後42日目です。

親子の患者が搬送された。親父さんは、気管支が断裂してるんですって、息子の足の方は大事には至ってないようです。しかし、親父さんのレントゲンに何か写っているのを進藤先生が見つけたようです。

親父さんをどっかで見たことがあるという、大友さん。ディスカウント王として有名な城丸屋の社長だった。一体なんであんな所に、社長の写真が貼ってあったのでしょうか?謎です。

寺泉は、記者会見のスタッフから外されてしまいました。官僚の手回しで裏方にされちゃったようです。震災の混乱の最中でも主導権争いをする官僚、震災を人気取りのチャンスだと考える政治家、どっちにも日本を任せたくないって言うのが私の本音ですね(じゃあ、誰に任せるんだと言われると返答に困りますが…)。

社長が意識を取り戻したが、息子を見て開口一番で仕入れをしてこいと言う社長。そんな社長を見てちょっとビビってる省吾くんと千尋ちゃんでしたが、2人には優しい社長でした。心配している息子に商売に戻れと言ってる社長に、看護師達は不快感を抱いてるようです。日比谷先生は、逞しくていいじゃないって気に入ってますがね。

助からない末期のがん患者って、そんな簡単に告知するんですか?具体的な余命を聞く社長に、一ヶ月もたないという進藤先生。社長みたいな人だったらそういう所はずばっと答えてもらった方が良いかもね。

省吾君を動かすと言う児島先生、奇麗事ですね。今更、動かすならさっさと動かしときゃーいいのに。だから、千尋ちゃんをさっさと…(略)

親父が末期がんだと知らされて心配している息子の克英に、札束で問屋と喧嘩をしてでも商品を仕入れて来いと言う社長。城丸屋に商品が無いと、ぼったくりで商売をする奴らの高い商品を買わなければならなくなると。社長は金の亡者じゃなかったんだね。

看護師さん達も城丸さんを見直したようです。それにしても、師長さんの私は言わなかった、って大人気ないですよ。日比谷先生はちょっと得意気?そんなやり取りをしてるとボランティアの人達がおにぎりを持って来てくれました。でも、いくらとタラコマヨネーズのおにぎりは日比谷先生は嫌いみたいです、本当に食べ物の好き嫌いが多いですねー。

学生ボランティアが3月ということで、ドンドン帰ってるようです。和也は病院のボランティアが気になるので、純介がフニャフニャのままですが、言いたい事を純介にぶつけて病院に帰りました。純介が立ち直るにはもうちょっと時間が必要そうです。和也が病院に戻ってきたらボランティアはおっちゃんとおばちゃんの2人だけになってました、えらい急にみんな帰っちゃったんですねー。

商売人には向いてないのかと息子を心配する社長。地震で亡くなった奥さんに、地震が怖いから家具を固定してくれと言われてたが、高級家具にネジなんて付けれるか、ということでそのままにしていたらその家具で奥さんが…。耐震マットを使えばよかったんじゃないでしょうかね?

末期がんの患者を子供の横に置いとくのかと言う寺泉。進藤先生はICUにいる限りどこにいても見えると反論します。寺泉の言ってる事は間違ってると私も思いますがねー。そんな事を言うならさっさと千尋ちゃんを…(略)あと、省吾君がICUにいる理由が分からないんですけど、一般病棟じゃダメなんでしょうか?

佐倉さんがトラックが来たと報告に来ました、別にそんな報告いらないと思いますがね。あと、わざわざ仕入れの商品を病院にもってくる意味が分かりません。東京の流通は回り道する余裕があるほど回復したんですか?病院も病院ですよ、末期がんの患者をわざわざ外まで連れ出して何してるんだか?トラックの扉を開けてダンボールを見せるのも意味不明です、そんな事してる暇があったら、店に行って働きなさい克英!

薬ビンを投げようとする純介、投げる気なんて全く無いモーションですね、投げたら良かったのに。おじいさんの常連患者が差し入れを持って来てくれた。そのおじいちゃんから河野先生が、大学病院の助教授の椅子を蹴って町医者になったと聞かされた。河野先生の凄さをあらためて知った純介。自分がまだ研修医で、ダメダメで当たり前という事を思い直せて、少し吹っ切れたようです。

省吾君のベッドを移動させようとする児島先生、省吾君がどうして?と聞くが答えられない。寺泉は別な話でごまかします、さすが政治家ごまかすのが得意なようです。

昨日の息子の姿を見て、一緒に仕事をしたくなったという社長。城丸屋は全店営業にこじつけ、ぼったくり屋も撤退したそうです。これで社長が元気だったら万々歳なんですけどーねー。

夜になって、死について考える省吾君と千尋ちゃん。リセットすれば生き返ると思ってる子供より、こうやって死を身近で感じる方が良いと思うんですが、どうでしょうか寺泉さん。

社長の様態が悪化、いざとなったら2人を抱えてどっか行くんじゃなかったのかよ、寺泉!死にかけの状態まで見せといて、死という結果だけを見せない事に何の意味があるのか、そこんとこ教えてください寺泉さん。

何とか克英は親父さんの最期に間に合いました、会話が出来て良かったですね。

梅干と焼肉のおにぎりなら食べれるんですね、日比谷先生。それにしても黒木先生は、何ですぐにおにぎりの具が何か分かったんだろう?

一週間前に賞味期限が過ぎたおにぎりのせいで、集団食中毒が発生してしまいました。スタッフが倒れてもうめちゃくちゃですね。吐血する食中毒ってとんでもない重症ですよ。おにぎりは腐った臭いとかしなかったんですかね?それにしても、佐倉さんと千秋ぐらいですね主要キャストで食中毒になったのは、主だった医師はピンピンしてますね。なんだかつまんない。

省吾君のクレヨン画のコーナー
前回、私が予想した消防士と消防車が追加されました!でもコメントは違いましたね、火の用心でした。さらに、あきらめないでの走れメロスと負けるなの城丸親子の2枚が追加されましたね。

次回予告は、食中毒で大混乱に陥っちゃってますね。どうなるんでしょうか?寺泉が最後も何か頑張るみたいです。
スポンサーサイト

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。