『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
見てきましたよ”星を継ぐ者”、私の僅かに残ってる記憶から記事にします。お付き合い下さい。

お次は、本編の話題です。内容に関して感じた事を書きますんでネタバレ度は3です。とりあえず、キャストを書いときますんで、ネタバレを見たくない人はそれより下に行かないで下さい。

シャア・アズナブル池田秀一 
カミーユ・ビダン飛田展男 
アムロ・レイ古谷 透 
ブライト・ノア鈴置洋孝 
カイ・シデン古川登志夫 
フラウ・コバヤシ鵜飼るみ子 
ジェリド・メサ井上和彦 
エマ・シーン岡本麻弥 
ハヤト・コバヤシ檜山修之鈴木清信
バスク・オム郷里大輔 
ジャマイカン・ダニンガンキートン山田 
パプテマス・シロッコ島田敏 
フランクリン・ビダン沢木郁也石森達幸
ヒルダ・ビダン高島雅羅 
ヘンケン・ベッケナー小杉十郎太 
レコア・ロンド勝生真沙子 
カツ・コバヤシ浪川大輔難波圭一
ファ・ユイリィ新井里美松岡美幸
一番右の列に名前があるのはTV版の声優さんです。ハヤトとファは最初違和感を感じましたねー、すぐに慣れましたけど。あと、エマさんとシロッコは声優さんが変わってないのに違和感を感じました、何ででしょう?わざとなのか、20年の時の流れのせいか…。

では、ここから感想スタートです。

まず、一番思ったことは、ウォンさんは?と言うことである。さすがにこの時代、あのようなキャラを登場させるのは厳しいんでしょうか…。ウォンさんこそ、ゼータを象徴するようなキャラだと思うのですがね~。というか、ウォンさんを必要としない世界観が新訳・A New Translationって言う事なのかな。

その次は、さすがにTVシリーズ14話分を2時間弱にしているので、非常に駆け足だった印象です。フランクリンの行動なんて意味不明ですし。アーガマは月にも30バンチにも行きませんでしたし。TVシリーズを知らない人にはどう写るんでしょうねー、テンポがいいって事になるのか、話の繋がりが分かりにくいとなるのか?

後は、新作カットが綺麗!「エイジング」という処理を施しているとはいえ、さすがに旧作カットと並べてしまうと差が明らかになりすぎでしたねー。

細かいストーリー的には、ちゃんと覚えていないので、書くのは止めときましょう。ストーリーは映画で見るのが一番ですしね。

総評としましては、ストーリーの流れが駆け足ってな感じで、話を圧縮した分、同時進行する話があって分かりにくくなってるかなと。とはいえ、何だかんだ言っても、面白かったですよ!
スポンサーサイト
見てきましたよ”星を継ぐ者”、私の僅かに残ってる記憶から記事にします。お付き合い下さい。

とりあえず、舞台挨拶の話題から。舞台挨拶のみの話題ですからネタバレを書くつもりはありませんが、少し漏れるかもしれないのでネタバレ度は1です。

シネ・リーブル梅田の本日2回目の上映に行ってまいりました。この回の舞台挨拶は、上映前に行われました。登壇者は、
富野由悠季総監督
池田秀一(シャア役)
飛田展男(カミーユ役)
古谷徹(アムロ役)
の4名でした。

私の弱い記憶力で残った内容を。話を完全に覚えていませんので、話半分で見てください(^^ゞ

池田さんがぐだぐだで面白かったです。池田さんは1部での演技に不満を持ってるのでしょうか?2部での演技を楽しみに見たいな事を言ってました。2部のアフレコは終わってるようで、2部のほうが自信があるのかな~。

古谷さんは、やっぱりハイテンションでした。あのハイテンションでは、私は引くかなと心配してたんですが、あのハイテンションが凄い面白かったですよ。

気になったのは、TV版の時に古谷さんがベルトーチカをあんまり好きになれなかったそうで(今は心を入れ替えて、すっかり感情移入出来てるんだそうです)、アムロが好きになれなかったんですから、私が好きになれないのも仕方ありませんね。

でも、2部のタイトルが”恋人たち”ですから、必ず私もベルトーチが好きになれると信じてます。

富野さんは、池田さんと古谷さんが好き勝手やってたと言ってたのが印象的、ホンマに好き勝手やってる訳ではないんでしょうけど、富野さんでもあの2人はコントロール出来ないんだろーなーと思いました。

飛田さんは…、すいませんあんまり記憶に残ってません。もう一回オーディションを受けたとかの話をされてました。

あんまり期待はしていなかったんですが、実際見てるとすんごい楽しかったです、ここまでの道のりは辛かったですが見れて良かった。
今から劇場版のΖガンダム見てきます!

私は、記憶力が無いのであんまりまともな記事にならないかもしれませんが、帰ってきたら記事にしますよ。

ではでは、行ってきます。
前回でゲッコーステイトの大人っぷりを見せ付けておいて、今回でゲッコーステイトの悪ふざけを思いっきり見せ付けられました。やっぱりこの人達の本質はこっちの方だな。

先ずはOPから、また新カット混じってましたね。縮こまってなんかの液体に浮かんでる青髪の少女。どう考えてもエウレカですよね、アレ。エウレカ誕生の秘密とかが隠されてるんでしょうか?今、想像してた所で当たりそうも無いので考えないようにします。

一週間ちゃんとレントンは営倉に入れられっぱなしだったようです。10日の所を7日目に任務と言って外に出されてます。私も最初は本物の任務だと信じちゃいましたよ。ただの新入りさんとの交流?が目的なんだそうですよ。

レントンに無理難題を吹っかけていくハップ、それを真に受けるレントン、嫉妬に溢れながらも撮影するムーンドギー、みんな馬鹿ばっかですよ^^

それにしてもヒルダって大変そうですよね。前にも日用品セールの戦場に繰り出してたし、ジャンクフードのやりくりまで気を回して…。月光号の大蔵省&おふくろさんって感じですね。

ムーンドギーの訛りが激しいのにはびっくり!イジられキャラを奪われたくないというその気持ちにもびっくり!見た目と全然キャラ違うんだもん、裏かかれちゃったよ。

デューイとドミニクが出てきて色々やってましたが、なんの事だか分かりませんよ。ゲッコーステイトと州軍以外の勢力があるような雰囲気ですね。三つ巴の戦いに入っていくのかな?

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。