『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
今回は、1万2千年前の謎が大いに語られたんですが…。私的には、つまんなかった…。だって、私はアクエリオンにバカバカしさを求めているんですもの!

始まりはどこかの湖底?から、なんだか遺跡っぽいところで何かを発見したようです。羽ですか?

発見したものをディーバにもってきて調査してます。どうやら、羽を閉じ込めてある物は琥珀で、1万2千年前の物のようです。年代が若すぎるとジェロームが言ってますので、調べてみましたが琥珀が出来るには数千万年はかかるようです。そりゃー、変ですよね。

創聖の書に、琥珀に封じられた羽の存在が記されてあり、堕天翅に関する物らしいので、ちゃんと調べるみたいです。

どうやら、スクールはお休みのようで皆さんそれぞれ休日を満喫?しているようですね。つぐみは車の修理を一日中眺めてるようです、「ダメっ?」って言うのがなんだか可愛かったですが、そんな休日の過ごし方はダメです。麗花はピエールに付き纏われてましたが、不幸パワーでピエールをマンホールに落としました。(不幸と言うか、ピエールの不注意ですけど)「君がくれる物なら、たとえ不幸でも俺は懸命に抱き留めてみせる!」なんだかピエールかっこいいぞ。でも、上辺だけかな?

waki_apos.jpgシリウスとシルヴィアはアンティークショップでお買い物。蚤寄せって何?白い像に何でシリウスが反応したの?分からん。そこに、アポロが突然乱入してシリウスを切り付けます、アポロ大人気ないです。大人毛あるって見せるアポロですが、大人の毛はそっちじゃないよ!シルヴィアが想像してた方の毛だよ!

琥珀から羽を取り出してみると、シリウスとリーナに異変が、2人の過去生に関係があるんでしょうか?様子のおかしくなったシリウスを心配するシルヴィア、もうブラコン話は結構です。と言う訳で、過去生繋がりのお2人の話へ。接触禁止となった羽を見に行く事に。

どうやらバロンは生きてるみたいですね、腐らせてるみたいですが、果物は腐る寸前が美味しいそうですからね。

羽を探してディーバ内をさまよう2人、鋼鉄の扉にパンチで対抗しようとするアポロは考えなしですね。念力で開錠が出来るシルヴィアは、その道でも生きていけそうな気がします。赤外線センサーによって発生したイオンの匂いが分かるって、アポロの嗅覚ってどうなってるんでしょうか?

見つけた羽を触って、苦しみだすアポロ。その背中に現れた翼の傷跡に触れ、シルヴィアにも異変が。2人は突如、1万2千年前の記憶がどんどん甦ってきます。アポロニアスが殺戮の天使だったんですね。それとセリアンは、人間だったんですね、気付きませんでした。だから、アポロニアスは裏切り者なんですね。1万2千年前の話って、結局トーマがウジウジしてるのが原因なんじゃないかと思うんですが。

ここら辺で流れてきた音楽で、マクロス・プラスを思い出しました。

で、いつも通り突然にケルビム兵が攻めてきました。今回は時間が無いので、発進も合体も全部カット。アポロ・シルヴィア・ピエール3人の能力合体技ファイアーフィストの演出もあっさりめで、ケルビム兵に全く通用してませんしね。

次回予告は、ケルビム兵がアクエリオンにキスしようとしてるように見えるんですけど、何だか気持ち悪い。
ナレーターはジェロームで「一万二千年のラブレタ~♪」ってやってましたが、カミーユと同一人物に思えません飛田さん。声優さんて凄いよね。そうそう、モロハの声って矢尾一樹さんなんですね、ジュドーじゃん!こうなったら、古谷さんにも出演を!
スポンサーサイト
メロウドにアウドムラに体当たりしてでも止めろと言うジェリド。そんな無茶な!

メロウドの指揮官は、覚悟の事を言っているとフォローしているが、私にはジェリドが本気で体当たりしろと言ってる様な気がしてならない。

シャトルを軽くする為に荷物を捨てるカミーユとクワトロ。さすがに、ベルトーチカからアーガマへのお土産は捨てられませんね。

メタスを動かそうとするシンタとクム。心意気は買いますが、無茶しすぎです。

メガバズーカランチャーでアレキサンドリアを狙うクワトロ、レコアさんの助言でなんとかかわされます。ほんまに当たらないですよね、メガバズーカランチャー。

次回、機動戦士Zガンダム 湖畔 君は刻の涙を見る

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。