『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
結局コーラリアンって何なんだろう?そんな疑問を残した今回でした。

イチゴジャム?を手づかみで食べるアネモネがとっても怖いです。ドミニクがやって来てアネモネの出番を告げます。ジ・エンドとやらと出番だそうです。

夢の話で盛り上がるマシュー達、そんな流れでエウレカに夢の話を振るレントン、ところがエウレカは夢なんか見た事無いそうです。不機嫌になって、部屋を出ちゃいます。

「あのー、コーラリアンって何ですか?」レントンが良い事言った!みんなに無視されますが、教えてくれよー。コーラリアンに向かってトラパーが流れて行ってるみたいですが、何なんでしょうかね?ゲッコーステイトがコーラリアンに向かう理由も分かりませんしね。うーん、謎、謎、謎。

一応、レントンが個別に質問をしたようですが、みんなよう分からん事しか話してくれません。具体的に教えてくれよー!

”ゾーン”とやらに入れるのはエウレカぐらいしかいないらしい。体調は万全でないけどエウレカが出るしかなく、何かよう分からんけども、レントンがエウレカを守れなかったらホランドに殺される事に。どこまで本気なんでしょうね?

お帰りなさい、ユルゲンス!原隊復帰したとたんに、またもやドミニクとの仕事とはかわいそうですね。今度は参謀としてやって来てるし、アネモネなんて変な子まで連れ込まれて、アネモネに部屋を取られて、謎の重たい生物ガリバーの面倒まで押し付けられて、なんだかかわいそ過ぎて愛おしくなってきましたよ。

月光号にも大浴場と湯船があることが発覚!前回の売店といい乗員の福利厚生には優しい造りですが、弾道飛行まで可能な月光号には、やっぱり不似合いというか、エラい事になりますよね。

コーラリアンに接近、中に突入するようです、中に何があるんだか?606、808、ニルヴァーシュで突入する計画です。

アネモネにはユルゲンスの使ってた部屋は、オヤジ臭くて気に入らないようです、憐れユルゲンス…。そのせいなのか、何だかゴキゲン斜めのアネモネ、コーラリアンを”クテ”と呼称する軍隊が気に入らないようです、何で?

レントンが乗ると光りだす、ニルヴァーシュのコンパクドライヴ。エウレカとニルヴァーシュの意思の疎通が上手くいってないんでしょうかね?それとも、レントンの持つ力なのか?

軍のKLF、ゲッコーステイトのLFOが出た後で、アネモネの出番のようです。依然としてアネモネは不機嫌なままなんですけど。

KLF部隊は波を乗り越されなくて、あっけなく全滅。そんな荒れ狂う波に集中する為に、ちょっとトゲのある感じでレントンを黙らせるエウレカ、ちょっぴり怖いです。

出撃するのを泣き叫んで拒否するアネモネ、仕方なくドミニクは立ち上がって何やら手に取ります。ぎゃー、何ですかそれ?注射ですか、薬物投与ですか?そんな長い針刺すんですか?ドミニクはそんな注射ちゃんと出来るの?と思ってたら、アネモネには専用の注射孔がありました!確かにアネモネ耳の下のあごに何かあるなーとは思ってましたが、こんな事に使うんですか!
注射を打った後のアネモネの豹変振りにもびっくり!向精神薬でも入ってるんでしょうか、あの薬?出撃に行くのがすんごい楽しみっ♪って感じになっちゃいました。

軍のパイロットが着てる服が不気味なんですが、アネモネのそれは更に上を行ってます。加えて、搭乗方法も独創過ぎますし、手足動かせませんから脳波コントロールだったりするんでしょうか?回りに見開かれた目のような物も、不気味さを高めます。

アネモネの操る機体の事がジ・エンドでした。コーラリアン近くのトラパーの波を縦横無尽に乗りまくってます。下から急速接近して606の腕をブチ斬るのに成功。血の様な液体が飛び出る606が怖い!

お次はあっという間に、ニルヴァーシュをがんじがらめにして確保。調子の悪いエウレカじゃお話になりません。バスク・ド・クライシス?とやらで、ニルヴァーシュは大ピンチに、レントン達はあの世に旅立っちゃったらしいですが、次回は精神世界の話になるのかな?

ゼロとエンド、始まりと終わり、顔も似たような感じなんで、もちろん因縁ありなんでしょうけど。ジ・エンドはニルヴァーシュtype The ENDって事ですかね?
スポンサーサイト

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。