『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
今回の私の中のメインは、ユルゲンスです。

前回ではすんごいかわそうな感じだったんですが、今回は打って変わって燃えキャラですよ!いやー、このオヤジにこんなに燃えさせられるとは思はなかったなー!

なんだかそのせいでこの感想の中には、ドミニク同盟の人に怒られちゃいそうな部分もありますね。対抗してユルユル同盟でも作ろうかな。
嘘ですよ、ユルユル同盟

と言う事で、ユルゲンスに燃えた戦闘シーンメインで感想行きましょう!(精神世界のお話は私はとっても苦手です、話の理解には必要なんでしょうけど、それについて私が文章書いても支離滅裂になるだけですんで…)

とりあえず、前回のおさらいから、最近のエウレカセブンでは珍しいですね。単発話が結構続いてましたから。

ジ・エンドの攻撃でちょっとおかしくなっちゃったレントン、「助けて、お姉ちゃん!」と叫ぶと、ニルヴァーシュのコンパクドライヴが反応、さらにおかしくなったレントンがコンパクドライヴに触れております。そしたら、ニルヴァーシュは”ゾーン”?に突入しちゃいました。私の理解できない世界へ旅立ちましたよ。

場面は変わって、ユルゲンスの艦のミサイルに狙われるヒルダ達の606と808。ミサイルは何とかやり過ごしましたが、続いて、襲ってくるレーザー砲!ですが、コーラリアンの影響で直進せずに湾曲しちゃうので当たりません。その湾曲したレーザーがぐるっとコーラリアンに沿って月光号の辺りまで流れてきました。いやー、ここら辺からジワジワ燃えてきますよ!(それにしても、あのレーザーですが軌道を見てる限り、コーラリアンを周回する軌道のように見えるんですが、ぐるっと1周してユルゲンスの所に戻って来ないんですかね?減衰しちゃったんでしょうか。)

レーザーの曲率を計測・解析して再度の攻撃の準備を着々と準備するユルゲンスサイド、そこにアネモネ至上主義の参謀ドミニクが艦を後退させろと口を挟みます。しかし、しっかり艦長してるユルゲンス、艦の生存無くしてジ・エンドの回収も無いだろうと言う事で、艦隊戦に持ち込む事を強行。「落ち着かんかー、少尉殿」なんて、心の余裕も見せちゃって憎いねこんちくしょう!ドミニクも理に適ってるのでユルゲンスの作戦に納得しましたしね。

月光号内では、ミーシャの手伝いをして居ないウォズの分も頑張ってるギジェットに萌え。606と808収容後、こちらも戦闘体制に移行するようです。

LFOを収容しようとしていた時に、再び襲ってくる対艦レーザー、その直後にトラパーの大波、月光号はてんやわんやですね。互いに視認出来る距離に近づいて、先手を打ったのはユルゲンス。レーザーを再び発射!確実に直撃コースだったんですが、先程のトラパーの大波に弾かれてあらぬ方向に飛んでいきました、残念!(おいおい、どっちの応援してるんだ。)

続きまして、月光号の攻撃ターンです!主砲を発射しますが、やはりコーラリアンの影響を読み切れず、ケンゴウ外しちゃいました。

お次は、両者同時に攻撃ターンが回ってきました。このままでは、衝突の危機です。しかし、リーダー2人は動じず攻撃を考えておりました。
ユル「近接攻撃ならば、コーラリアンの影響を」
ホラ「受け難いはずだ」
ユル・ホラ「すれ違いざまに」
ユル「全弾を叩き込んでやる」
ホラ「ありったけの弾をぶち込む」
ぎゃー、燃えだよ燃え!なんだかあんたらかっこいいぞ!
そこにまた賛成できないと口を挟むドミニク、お静かに願いますよ!今ユルゲンスの晴れ舞台なんですから!!!「敵も同じ事を考えてる、やるかやられるかだ」燃え燃えです!

互いに全弾を発射し、真向勝負です。州軍機はミサイル発射口?の損傷ぐらいでしたが、月光号はVRF?とやらが脱落して、揚力が減少してちょっとピンチです、タルホの顔つきがそれを非常に物語ってます。

命中に喜んでるユルゲンスを尻目に、アネモネの通信を聞いてるドミニク。「なにすんのよエッチ、スケベ」って聞こえた反応が「誰と何をしている?」って言うのはやきもちですか?って違いますね。アネモネを純粋に心配してるんでしょう。

第1ラウンドは、月光号不利の展開で終わりましたが、コーラリアンを半周すると第2ラウンド再開と言う事で、リベンジを誓うケンゴウ、頑張ってね。

ここで、突然ユルゲンスに対して下から物を言うドミニク。自分が若造な事や過去の事に理解してるとか言ってきますが、「そんな小さな事を気にしていたのか、随分とナメられた物だ」とユルゲンスは一蹴。更にドミニクのジ・エンド回収作戦も月光号を優先と言う事で却下。前回のかわいそうなユルゲンスが嘘のようですね。唇を噛み締めるドミニクを見てると、立場が逆転しちゃったように感じます。

第2ラウンドスタート、先手は月光号で主砲を発射。まだ、距離があったので「バカめこの距離で当たる訳…」ってユルゲンスが余裕かましてると、当たっちゃいました。さすがゲッコーステイトメンバーって事でしょうか?

突如、消失していくトラパー。州軍機も月光号も急速離脱。あっという間にコーラリアンが無くなっちゃいました。コーラリアンの中には何かがあるのかと思ってましたが、全く何も無いんですね。コーラリアンのあった場所には、花びらのような跡が出現してますが、セブンスウェルの跡と似たような感じですけど何なんでしょうね?

精神話で気になった点
・授業中に出てきたアゲハチョウは紫外線を見る事が出来ると言うお話、アゲハ計画と何か関係があるんでしょうか?人の見る事が出来ない世界が見えるアゲハチョウ。そんな見えない世界を見る為の計画?知覚の増強?とかですかね。
・冷蔵庫に入ってるアネモネ、コンパクドライヴが冷蔵保存されている事との関連性はありますかね?
・レントンを喰らおうとするアネモネ怖すぎ、エウレカに助けられレントンを食い損なったアネモネ面白すぎ。
・OPに出来る映像盛りだくさんのシーン、そろそろ第1クールのOP映像変わるのかな?
スポンサーサイト

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。