『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
超簡略型が板に付いてきた今日この頃、これがうちの仕様になってきた様な気がします。

双翅が面白がってケルビム兵を使って、人や街を攻撃するお話だった今回。

無邪気に無差別攻撃をしているのが子供だと分かって、アポロに攻撃を止めるように呼びかけるシルヴィアに賛同できませぬ。

たしかに双翅は、自分のやっていることが理解できない程の幼子のようですが、幼児だからと言って逃れられるのは、その行動によって生じた結果や罪に対する責任なのであって、双翅が行動する事による”今そこにある危機”の排除を制限する物では無いと思うんです。

暴れる者に対して、そいつがどんな奴であろうとそれを止めさせるのが優先事項でしょう。ほっといたら被害は拡大するだけなんですからね。

面白かったのは、無限拳から派生した無限叱責掌<むげんビンタ>ですね。やっぱり子供をしつける時はビンタですよね。
スポンサーサイト
次週の予告トリビアを見たら、次回のトリビアの泉がとっても楽しみに思えてきました。

街で女性がからまれたとき「電車男」のように助けてくれる秋葉原の男性は100人中

秋葉原で調べなくてもそんなに助けないと思うんですけど、どうでしょうか?

ちなみに私は、95%ぐらいの確率で助けません。残りの5%は、相手がメチャクチャ弱そうな時とかね、自分のバイオリズムがノリノリだった時とか。そんな汚い人間ですよ、私は。だって、恐いもん。
さ~て、待ちに待った武装錬金ファイナルです!

ネタバレしか書いてませんので、そこら辺はご注意下さい!

本誌ではカズキと斗貴子さんのキスシーンで終わったんですが、ファイナルはそれからあんまり時間が経ってない所から再開のようです。

夏休みの登校日→夏休みがもうじき終わるけど夏祭りがやってる頃

カズキの選択した白い核鉄の使い方には、蝶野の力が必要なようです。その協力の見返りは、蝶野がずっと望むカズキとの決着。蝶野を動かすには、このエサが一番ですよね。

カズキも気になるがヴィクターも気になります。そっちの方は、瀬戸内海でまだバスターバロンと戦い続いてるようです。戦い続けると言っても、照星さんは3日のうち12時間戦って、残りの60時間はお休みって事でいいのかな?60時間もの間、照星さん無しでよくヴィクターの相手をしてるなー。さすがに、ほとんどの錬金の戦士は脱落しちゃったみたいですが。

戦いに出る前の、カズキと斗貴子さんのひと時のストロベリータイムはなんだか気恥ずかしいね。まひると斗貴子さんと一緒にきゃーって叫びたくなるよ。

病院の屋上でカズキ達を見送るブラボーの着ているTシャツには”ぶらぼう!”の文字が、ふざけてるのか?と思ったが、よ~く考えたらブラボーは普通にこんなTシャツを着れるお方だったよね^^

ニュートンアップル女学院で、完成した白い核鉄を受け取ったカズキ。でも、アレクサンドリアさんの脳が崩壊しちゃいましたよ。そんなに無理して作ったんですかね?気力で今まで持ってたのかな、っていうぐらいのタイミングでの崩壊です。

第何ラウンドかも分からないが、ヴィクターVSバスターバロンが再開。バスターバロンの攻撃で傷ついたとしても、あっという間に修復。ありとあらゆる海の生物からエネルギードレインをして、そのエネルギーを修復に回してるんですって。と言う訳で、地球上においてヴィクターの使えるエネルギーは無尽蔵って事に!

で、そのエネルギーを攻撃に利用。口からとんでもないエネルギー波を放出しましたよ!照星さんピ~ンチ!かと思ったら、日本刀の武装錬金ソード・サムライX発動!エネルギーを吸収。何か見た事あるなと思ったら、秋水の武装錬金じゃん、何で!?ここで、バスターバロンの都合の良い(笑)特性がお披露目。左右の肩にあるサブコックピットに搭乗した戦士の武装錬金を増幅出来るんですって。さすがに大戦士長の武装錬金ですよ。

それにしても、旅立った秋水がここで再合流ですか!ハッキリ言って秋水の存在を忘れてたよ、ゴメンね秋水…。

バスターバロンの新能力がお披露目されたので、再殺部隊の皆さんが乗り込んでますが、激戦以外の能力はあんまり使い道が無さそうですけど、こうなったらもうノリの問題ですよね。出せるもんは全部出しちまえ!みたいな。火渡のブレイズオブグローリィしか効いて無さそうですもんね。

で、最後はバスターバロンの背中の加速装置を用いた突撃でのナックルパンチ。見事!ヴィクターは塵と化しました。でも、塵と化したのは巨大化した部分だけで本体は無傷。なるほどね、巨大化したと見せかけて、海洋生物の死骸で出来た擬態だったんですね。さすがに人じゃなくなったといっても、巨大化は無理あるなと思いましたもんね。結局、ヴィクター本体のグレートアックスの一撃、フェイタルアトラクションでバスターバロンは大打撃です。

白い核鉄を持ってヴィクターの所へ向かうカズキ達に、パピヨンが合流。冒頭でカズキに頼まれた物の一つが出来たから持ってきたそうだ。それは、修復フラスコを改造した人工冬眠用のフラスコ。白い核鉄をヴィクターに使って人間に戻し、カズキはこのフラスコで仮死状態にして、パピヨンが第二の白い核鉄を造り出し、それでカズキを人間に戻す。これがカズキの選んだ選択肢のようです。うーん、そう簡単にはいかないだろうけど、両者を助けようと思うとこの方法しかないのかなって感じですね。

錬金術の全てを否定するヴィクター、照星さんは力の存在が問題なんじゃなくて、扱う物の邪悪な意志が問題っていうスタンスみたいです。照星さんの考え方は、ワンピースのトムさんの考え方と一緒ですよね。存在する事は罪にならない、この前フランキーも言ってましたね。

とは言え、ヴィクターみたいな経験をしたら錬金術を地上から葬り去るって考えになっても仕方ないかな。ヴィクトリアをホムンクルスにしたのは、錬金戦団のようですしね。これで、ヴィクトリアのホムンクルス化の謎は解消なんでしょうか?もうちょっと踏み込んで欲しいけど、ちょっと無理かな。

戦場に駆けつけたカズキ達ですが、いきなりヴィクターに白い核鉄をぶつけるようです。サンライトハートに白い核鉄を挟んで、準備万端。カズキと斗貴子さん2人の力で突撃です!…んっ!?2人でっ?なんで?2人は一心同体っていうのを表す為でしょうか?まぁ、2人の方が力を発揮してそうなんで、そこんとこは良いか。

でも、作戦は結局失敗。出力不足で第三段階まで進んだヴィクター化を第二段階?にまで戻す事がやっとだったみたいです。そこで、斗貴子さんは死を覚悟してカズキと一緒に戦う事を決意したようですが、カズキは一人で戦う事を選択。ここら辺がカズキのカズキらしい所かな、人を傷つけるような、巻き込むような戦いが出来ないってところが。

エネルギーを全開でヴィクター化して、ヴィクターに向かっていきました。その光は高く高く空を昇り、月に向かって昇って行き、ついには月に到達しました。その光は武藤カズキを知る人達、みんなの目にも留まったようです。

と言う訳で、カズキとヴィクターは月に行っちゃいました。生物のいない月だったらエネルギードレインも出来ないし、巻き添えを食らう人もいない、一石二鳥ですね。

でも、月には大気が無いんですよね。2人ともよく爆発しないですよね、ヴィクター化って凄いなー。大気が無いって事は、音も伝わらないんですよね、ヴィクター化した人間同士はテレパシーでも使えるのかな。

あと、月の昼の温度ってかなり熱いんですよ。百数十度ぐらいのはずです。耐圧耐熱を兼ね備えたヴィクター化って凄いなー。

最後に月の重力って地球の6分の1程度なんですよね。普通に歩くのもままならないでしょう。ちゃんと戦闘できるのかな心配です。

とはいえ、武装錬金は漫画です。そんな事は考えずにただただ月で繰り広げられる、カズキとヴィクターの最終決戦を楽しむのだー!!

地球をバックに宣言するカズキはカッコよかったね。でも、その頃地球では、カズキを想い、斗貴子さんが泣き、蝶野が怒り?憂い?絶望って事は無いか、剛太は完全に怒ってますけどね。

で、そんな所で「武装錬金ピリオド」へ続く。って…

ファイナルじゃないじゃん!

まぁ、仕方が無いので12月までおとなしく待っとこう。

とりあえず、ピリオドで明かして欲しい謎

毒島さんの素顔

せめて、性別

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。