『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
この記事を読む前に

プロローグ つわ萌えどもが夢の跡 (りぱってぃー様)
第1章 くわしまにあ (gunstar様)
第2章 人生フェイズダウン (りび様)
第3章 吠刀光 【遊撃】 (じゃぐわー様)
第4章 『日々見聞きしたもの…。』 (私、はさにん)
第5章 くわしまにあ (gunstar様)
第6章 人生フェイズダウン (りび様)
第7章 『日々見聞きしたもの…。』 (私、はさにん)
第8章 『日々見聞きしたもの…。』 (私、はさにん)

の記事を読んでください。

~これまでのあらすじ~

 シンのもとへ、ステラの復活を告げる電話があった。
 ルナとくっついたシンは、一旦は「間違い電話だ」と拒絶するも、ステラを忘れる事などできるはずも無く、フェイスの権限を行使しミネルバを脱走。
 同じ頃、シンの態度に苛立ちを覚えた父親は、ステラの元へシンを連れてくるべく発進し、シンとの接触に成功する。
 しかし、出番が無い事に不満を抱く目立ちたがり屋の手により、シンと父親は爆散したのであった。
 父の帰りが遅いこと、シンの女関係を不審に思ったステラ・スティング・アウルは、シンに会うため3人で旅立つ。
 しかし、3人を発見したルナマリアはシンをステラに譲るまいと3人と戦う。
 スティングは名無し兵に、アウルはルナマリアの前に敗れさってしまい、ステラはアスランの加勢もあり、ルナマリアに落とされてしまうのであった・・・。
 それを知ったステラの父親は、ステラの身に起こった事を電話でシンに伝える。
 それを確かめる為に、ルナマリアとアスランに詰め寄るシンだったが、ルナマリアの言葉を受け止められずに、ステラを探しに飛び出した。
 ついにステラとの再会を果たしたシンは、邪魔な存在となったアスランとルナマリアを亡き者にしようとするが、再度出て来た目立ちたがり屋が介入してきた。



主人公の座を安泰にする為、今まさにキラがステラに襲い掛かっていた!

抵抗するステラ
ステラ「せっかくシンと会えたのに、殺されてたまるものかー!新兵器の力を見せてやる!」

死ね!
キラ「やめてよね、本気でケンカしたら、デストロイなんて名前負けしている量産機が僕にかなうはずないだろ。瞬殺してやる!」

終わった…
キラ「あはは、本当に瞬殺しちゃった。やっぱり主人公補正の力って絶大だね。(でも、雌犬の機体が違った様な気がする…)」

ステラやられちゃった…
ステラ「しょせんデストロイは、ただのやられメカだったのね…」

機動戦士ガンダムSEED COMPLETE BEST
キラ「さーてと、さっさと止めを刺そうかな。」
アスラン「キラっ、もうやめるんだ!そんな事をしなくても、キラが主人公だって言う事は周知の事実なんだぞ!」


人の意見なんて聞いてらんねぇ!
キラ「そんな事は無いよ、”DESTINYの主人公はシン”派が結構いるんだ!確かにPHASE-06まで僕の出番は無かったんだしね。こうやって、積極的に戦闘に参加していかないと、僕という存在をアピール出来ないんだ。」
アスラン「だからと言って、お前のやってる事はただ戦場を混乱させるだけだ!」


考え中
キラ(あー、もうっ!うっとうしいなー。このままアスランも消しちゃおうかな、3軸の一人が消えたほうが僕に更にスポットが当たるだろうし…)

決めた!
キラ(よし、決~めた!)

機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ
キラ「死ねやっ、アスラン!」
アスラン「何をするんだ、キラ!?」


キラvsアスラン
キラ「オラオラオラオラ!」
アスラン「ぐぅわッ!」


殺される!
アスラン(くそっ、キラは本気だ!このままじゃ本当に殺される。やるしかないのか…)

機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙
キラ「死ね、アスラン!僕の主人公としての明日の為にっ!」
アスラン「キラっ、俺達は友達じゃなかったのか!?どうして、戦わなければならない!?」
キラ「友達?友達なんて必要ない。僕にはアスランから頂いたラクスさえ居ればそれだけでいいのさ。」


種割れ
アスラン「キラァァァッ!!!」

Official File Magazine 機動戦士ガンダムSEED DESTINY OFFICIAL FILE メカ 02 オフィシャルファイルマガジン
アスラン「人の彼女を寝取っておきながら、その言い草は何なんだ~!人の心の傷をえぐりやがって、お前さえ、お前さえ居なければ~!」

アスラン自爆!?
アスラン「死にさらせっ、キラ!」
キラ「忘れたの、こんな攻撃じゃ僕は殺せないよ」


機動戦士ガンダムSEED 8
アスラン「キラの方こそ忘れてるんじゃないか?今、この話を仕切ってるのはアンチキラ派の人間で、福田でも嫁でも無いという事を!そのMSにセーフティシャッターという逃げ道は用意されて無いぞ!」
キラ「何だって!」


~まだまだ続くよ!~

『日々見聞きしたもの…。』ルートの続き⇒第10章

ちなみに他のルートはこちら。
つわ萌えどもが夢の跡ルート
くわしまにあルート
人生フェイズダウン人フェイる~と
吠刀光 【遊撃】じゃぐわールート
それぞれお楽しみ下さい^^


あと2章で終わらせる予定でしたが、構想した1章の1/4ぐらいで1章が出来上がってしまいました。今後何章出来るのか予想がつかなくなってきました。
スポンサーサイト

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。