『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
今更、ゼノギアスを頑張ってます、お暇な人は見てください。

ユグドラ内からシタン先生のみで再開です。でも、何処に行っても話が進みません、ブリッジにシグルドもバルトもいなし、どうすればいい~んだ~!と思っていたら、2人とも甲板にいましたよ。

「王朝再建なんて、どうでもいい。若の家だから取り返したいんです。」というシグルド。やっぱりこの2人は良いコンビだよ。

出た~、ラムサスとミァンのベッドシーンです(二人並んで寝てるだけですけど)。と言ってもラムサスは、エルルの悪魔の悪夢にうなされてるんですけどね。夢に出てきましたよヴェルトールイド、かっこええ~。

夢から覚めたラムサス閣下、黒ビキニパンツ一丁で部屋の外へ出て行くのはやめていただきたい。そこに突然現れるグラーフ、「法院に手をまわし、あの男を使ったそうだな…。」えっ!?あの男って誰?ヒュウガは天帝の命で動いてるし、ラムサスの事かな、ゲブラーの総司令官にした事か?

エリィが出てまいりました。ゲブラーの隊長になってました、ゲブラーの面々は若いエリィを舐めております。しかし、エリィの搭乗するギア・ヴィエルジェの性能を知っているらしく、腐ってもユーゲントって事でお手並み拝見だそうです。

さて、キスレブ国境付近のフェイがいるミロク隊です。とりあえず、山頂を目指しましょう。久々のダンジョン攻略です。岩山の途中で出て来るセーブポイントの前にいる流しの修理ロボ、私は初プレイの時に何を考えたか「信用ならない」を選択して倒した挙句に上書きのセーブをして、HPボロボロ、燃料が尽きかけの状態で後々の戦いに挑んで死ぬほど苦労した思い出があります。流しの修理ロボには優しくしてあげましょう。

ゲブラーがやって来ました。ワンドナイツ×2戦、ソードナイト・カップナイト・シールドナイト戦は省エネで戦いましょうヴィエルジェ戦がありますからね。

ドライブを使うか迷うエリィ。自身のドライブによる暴走事件を思い出していた(事実は違うんですけどね)。でも、やるしかないのでドライブを使い、フェイに挑む。ドライブ使用後のエリィの顔が怖すぎです。エアッド(サイコミューにしか見えん!)を使えるエリィにゲブラーの面々は感心してます。

ある程度ヴィエルジェをボコにしたら、エリィが止めを刺しに来ますがドライブが切れ掛かって、色々葛藤しますが心を取り戻しました。ギアを降りて、二人でお話。ソラリスの軍人という立場から戦うしかなかったエリィ。「もし、出来るな軍を抜けるんだ」といって去るフェイ。次に会えるのは、キスレブ上空かな?

さ~て、次回のEPISODEは?
 ヴァンダーカムと戦闘かな?ミロク隊の勇姿を目に焼き付けなくては。 

Saveサブタイトル 「アヴェ奪回! 決死の反撃」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
      
トラックバック
この記事へのトラックバック

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。