『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
今更、ゼノギアスを頑張ってます、お暇な人は見てください。

フェイが岩山を登りきったところで、メイソンに場面転換。若のカップが割れてしまい、不吉な予感を感じています。

そしてその若、地下水道から侵入して水門の爺さんの所からスタートです。作戦的には、バルト達が城内に侵入し頭のシャーカーンを押さえる作戦です。

でも、庭に出た瞬間にシャーカーンとミァンが登場!作戦はバレバレで、待ち伏せされていました。さらにラムサスは、ニサン国境付近の鎮圧に出て行ったそうです。

旧エレメンツの3人でお話、アヴェの主に関して「操り人形は馬鹿なほうがいい」って簡単に言うミァンが恐ろしい、それを聞いてるシャーカーンにちょっと同情してしまうよ。

操りやすい従順な羊のシャーカーンに、この場を任せてミァンは去っていきました。で、バルト達ピ~ンチ!って時にメイソン卿がランドクラブに乗って救助に来ました!プロペラが壊れて、またピンチかと思ったらジャンプして逃げちゃいました。この流れは一応ギャグなんだよね。

場面はフェイに戻って岩山の頂上です。ヴァンダーカムの国境艦隊を襲撃します。

キファインゼルのブリッジでは、ギアに対して機銃員を下げて主砲で対抗すると言うヴァンダーカム、この人の部下は本当に大変そうです、命がけだしね。この艦は無能ばっかりだ!って言ってるのを聞いて、部下が心の中で「あんたが一番、無能だよ…」って思ってるのが泣けるよ。

ザコを蹴散らして、キファインゼルに取り付いたヴェルトール。主砲と副砲×2が相手です。主砲だけを倒しても戦闘は終わりますが、副砲×2を倒すと大金塊が貰えるので頑張って倒しましょう。

主砲をやられて、ついに部下にまで見放されたヴァンダーカム、ちょっと壊れちゃいまして、秘密兵器の使用を決めたようです。

キファインゼルから閃光が、そこから出てきたのはヴァンダーカムが操るドーラ。連戦でフレームHP・燃料共に厳しくなってきてますが、ザコ戦で浪費していなければ勝てるはずです。

ヴァンダーカムを倒した所で、ORヴェルトールでグラーフ登場です。これから定番になる決まり文句が初登場です。
「我はグラーフ。力の求道者。うぬは、力が欲しくないか?」
「我の拳は神の息吹!」
「”堕ちたる種子”を開花させ、秘めたる力をつむぎ出す!!」
「美しき 滅びの母の力を!」
これって、不完全な接触者となったグラーフが、デウスの力を与えたって事でしょうか?分かる方、教えてください。

場面は変わって、ブレイダブリクを脱出したユグドラです。急いでニサンに戻ろうとしますが、ラムサスに見つかって攻撃を受けちゃいました。でも、ラムサスが「古い友人と約束してな…、手加減してやらねばならん。」とか言ってます。古い友人…、ヒュウガの事かな?分からない。

そして、ラムサスの回想。シグルドがソラリスを抜ける時みたいです。シグルドに眼帯がありません何だか新鮮です。

フェイに戻って、ミロク隊。ユグドラが危機である事を信号で知りました。そこに、グラーフから力を与えられたヴァンダーカムの砲撃が、ミロクがフェイをこんな所で死なす訳にいかないと、ユグドラとの合流を指示。ミロク隊は居残りで時間稼ぎをすると、ドーラに攻撃を仕掛けますがあっという間に全滅!?。それを見て、フェイが苦悩してます。

また場面転換でバルトです。すっかり取り囲まれてしまったユグドラシル。ここでやられても、降伏してもニサンの運命は変えられない、それなら降伏せずにここを突破する可能性に賭ける事になりました。そういう風にやる気にさせてくれるバルトが好きですよ。

降伏しそうにないので、ラムサスは攻撃を再開しようとしたその時、赤いギアが登場っ!ラムサスの艦隊をボコにしてます。エルルの悪魔だと認識したラムサスがギアに乗って出張ってきました。でも、あっという間に一蹴されて終わりました。さようなら、ラムサス閣下。どうやっても勝てないあなたが不憫でなりません。

エルルの悪魔と呼ばれる赤いギア、私は初回プレイではソラリスでネタバレされるまで、正体に全く気付きませんでした。私ってかなり鈍感なんでしょうか?

次はバルトに襲い掛かってくる赤いギア、勝てるわけありませんイベントバトルなんであっさり負けましょう。機神黒掌なんて使われたら勝てる訳ありません。

若を助ける為に、エルルの悪魔に突っ込んで行くユグドラ、上から飛び込んで砂に埋め込んでやりました。しか~し、エルルの悪魔にそんもん効きません、ユグドラを持ち上げて投げちゃいました。

ユグドラのピンチです、シグルドはシタンは関係の無い人間だからと脱出させました。シタン先生なら、脱出させなくても生き残りそうですけどね…。

脱出したシタン先生は、風に流されてフェイとドーラの戦闘があった場所まで飛ばされてました。シタン先生は、ドーラを知ってるみたいですね。この機体の設計者もヒュウガですか?

突如、セーブしますか?と入ってきたのでここでセーブ!この時点で、バルトは当分出てこないので、目ぼしい装備はキャラもギアも外してしまいましょう。

さ~て、次回のEPISODEは?
 キスレブ編ですね、リコが出てきます。というか、ハマーが出てくるほうが嬉しいかな。

Saveサブタイトル 「緋の鬼神 悲しみは熱砂の海に」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゼノギアスは隠れた名作だそうですね。
何か面白いゲームは無いかと友人に聞くと
必ずゼノギアスをしろ と返ってきます(笑)
2005/04/25(月) 15:09:15 | URL | サブ [ 編集・削除]
コメントありがとうございます。
サブさんコメントありがとうございます。

>ゼノギアスは隠れた名作だそうですね。
本当に名作だと思いますよ!
是非とも一度プレイしてみてください♪
2005/04/25(月) 21:13:50 | URL | はさにん [ 編集・削除]
      
トラックバック
この記事へのトラックバック

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。