『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
第2クールエンディング感想第2弾です。

前回に引き続き、今度はエンディングで、有坂美香さんの「Life Goes On」の歌詞についてです。

まずはタイトルから「Life Goes On」なんですが、私の和訳は「人生が進む」です。とは言え私は英語が苦手なので、間違ってると思います。よって、ネットの翻訳機能を使うと「人生は経ちます」って…絶対誤訳や~ん!別の翻訳機能で再度挑戦「生命は継続する」なるほど。go onをネット辞書で調べれば、山ほど日本語が出てきた!で、歌詞と色々総合して和訳すると「Life Goes On」=「人生は続いていく」私の中ではこれにしました。

で、歌詞なんですが、

涙で滲んだこの空を眺めるたび儚い青さが胸を締め付けてく
定めなら悲しみの果てまで戦い続けた日々の後に
Life Goes On燃え上がる命がある限り真実の自分さえ見失いそう
それでもLife Goes On守りたくて心は砕かれて
本当の悲しみを知った瞳は愛に溢れてー

TVを聞くだけでは、青の部分は聞き取りにくかったんですよこの歌詞、Victorのページで試聴出来たんで何とか再現できました、良かった良かった。

で、この歌詞から連想される人物、今回も3人挙げてみました。
1.シン
2.アスラン
3.キラ

1.シンの場合

マユが死んだのは青い空の下でした。青い空を見上げるたびに、シンは泣きたくなるのかもしれません。

悲しみの果てまで戦い続けた後にも、人生は続いていく。これがシンの定めなのかなー、悲しみが風化するまで戦い続けて、その後も人生は続いていくってことは、死なないと言う事で。

燃え上がる命がある限り戦って、種割れしたらバーサーカーなんで、真実の自分を見失いそう。それでも人生は続いていく。

マユを守りたかった、でもマユを失い心を砕かれて、本当の悲しみを知った、シンの瞳は憎悪に溢れてるよなー。

2.アスランの場合

アスランが空を眺めて思い出す事って何だろう。ニコルの死ぬ場面かな?でも空を見るたび泣くほどではないよね。

先の戦乱で戦い続けた日々の後にも、人生は続いていく、自爆大好きアスランの燃え上がる命がある限り。これがアスランの定めですか?また、自爆するんでしょうかアスラン?死なないでね。

アスラン・ザラではなくアレックス・ディノとして生きてみたりして、真実の自分さえ見失ってましたね、それでも人生は続いていくんですね。

世界の平和を守りたくて、でも再び開戦してしまって、心は砕かれて、戦争と言う悲しみを知っている瞳はやさしい厳しさに溢れてる感じかな。

3.キラの場合

キラも無いなー空を見て泣く事、トールぐらいかな?でもやっぱり、空を見るたび泣くほどではないよね。全ての守れなかった人の事を想って泣くのかな?

先の戦乱で、悲しみの果てまで戦い続けた日々の後も人生は続いている。キラの中に燃え上がる命がある限り、自分の出生の秘密を知った時も、守らなくちゃいけない人を守れなかった時も、真実の自分を見失いそうになったけれども、人生は続いていく。

フレイを守りたかったけど、フレイを守れず心を砕かれて、本当の悲しみを知った、キラの瞳は憂いを含んでるけど愛に溢れてますねー。

なんだかOPより更にマッチしてないですね。シンとキラをMIXしていると考えるのが一番良いかな?(自爆ネタだけアスランに軍配!)

結論!歌詞から考察するのは画で考察するより難しいということが分かった。

関連記事:DESTINY感想!第2クールのエンディング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
      
トラックバック
この記事へのトラックバック

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。