『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
続いて見てきましたよ宇宙戦争!人生初の一日2本の映画鑑賞。

ちなみにこの記事には、決定的なネタバレは無いとは思いますが、見てない人はあんまり見ないほうが良いかも。

昔の映画も原作も何も知らずに見に行ったんですが、何だか話の流れは私の想像と違ってました。

私の想像:宇宙人とバンバン戦って、宇宙人との交戦を描く

映画の流れ:宇宙人からトムが逃げる、逃げる、逃げる

とりあえず、見終わった感想は、トム・クルーズはダメ親父っぷりが良かったなーとか、ダコタ・ファニングは健気な役をやらせたら天才的だなとか、そういうのじゃなくて、


ティム・ロビンスが宇宙人より怖い!っていうのはちょっと思いましたが、


一番思ったのは、



100年以上前に原作書いたH.G.ウェルズってやっぱり天才!!!

この映画のオチはあまりにもあっけなくやって来るんですが、あまりにもあっけなさ過ぎて原作通りなのか気になって、帰りに本屋で原作をチェックしてしまいましたよ。最後の方だけちょっとだけ立ち読みしたんですが(なんて邪道な読み方だ)、宇宙人の最期の理由は同じでしたね。

あまりにもあっけなさ過ぎて、拍子抜けしちゃうんですけど、これは脚本・演出がダメなんでしょうかね?(原作もあっけないから、原作がダメなのか?)理由としては理に適ってるし納得いくものなんですけどねー。

最後にどうにも納得いかなかったのを一つだけ、息子のロビーは《反転》⇒死んでても良かったんじゃない?勝手に、この戦いの行く末が見たいって、離れて行った訳ですし。なんか、最後に普通に現れてがっかりです。まぁ、それがスピルバーグ作品って事かなとも思いますけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
      
トラックバック
この記事へのトラックバック
6/29(水)世界同時公開なので週末のレイトショウで観ようかなっ・・・て思ってたけど。午前零時きっかりから上映するところもあるのを発見。TOHOシネマズ川崎で観て来ました。ネット予約して・・・しかも初プレミア・スクリーン。シートはゆったりしてるし、ポップコ
2005/07/04(月) 03:34:42 | ひらりん的映画ブログ

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。