『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
今更、ゼノギアスを頑張ってます、お暇な人は見てください。

シャーカーンの私兵だらけの碧玉要塞の中を突き進んでるとシャーカーンが出てきました。兵に回りを囲まれて動きを封じ込められる寸前に、マルーが飛び出して一人で先に進んじゃいました。この娘は本当に無茶しすぎです。

兵に囲まれてマルーを追うに追えない状況って所で、シグルドとシタン先生登場!王都制圧はバルト達が心配で、メイソンに任せてきたそうです。いや、それだったら最初からメイソンにお任せで良かったんじゃないの?途中経過が楽勝だったからこっちに来たって事かな。

やばいって事でシャーカーンはマルーを人質にする為に、奥に逃げ込みます。中から碧玉ロックのドアを閉じられ、中に入れなくなったのでもう一度碧玉ロックを解除しようと思ったら、バルトにはファティマの碧玉が一つしかありません、大ピーンチ!

ここで、シグルドが碧玉ロックの片方をシグルドがやると言い出します。バルトとシグルド片方ずつの目で、ロックを解除する事に成功!バルトはシグルドの目が反応した事をシグに尋ねますが、有事なので流されちゃいました。

奥に進むと、マルーがギアバーラーに乗り込んでました。誰が乗ろうとも一応ギアバーラーです、雑魚ギアを粉砕してるようです。バルトがコックピットに近づいてみると、マルーは足を撃たれてましたよ。この娘は本当に無茶しすぎです。まぁ、バルトの役に立ちたいって事で、頑張るマルーがイイんですけどね。

エトーンのギアが入ってきてピンチなんですが、コントローラーが無いギアバーラーの動かし方がさっぱり分からないバルト。でも、エトーンが攻撃してきたら勝手に動いちゃいました。シタン先生の考えによると、機械的な操作ではなく精神的な操作で動かすんじゃないかって事だそうです。

と言う訳でエトーン改と戦闘です、ギアバーラーのお披露目戦闘ですが相手が弱すぎて慣らし運転にもなりません。そんな事してたらシャーカーンには逃げられちゃうし。

とりあえず、マルーの手当ての為に法皇府に戻ってきました。どうやらブレイダブリクの作戦も順調のようです。あと、シャーカーンが逃げ出した先が分かったようです。そこにはどうやらソラリスの障壁<ゲート>があるみたいです。

と言う訳で、シャーカーンとの決着を付けるときが来ましたが、ここでセーブ!

さ~て、次回のEPISODEは?
 シャーカーンをぶっ倒しに行きます。

Saveサブタイトル 「第一のゲート マルーの祈り」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
      
トラックバック
この記事へのトラックバック

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。