『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
皆さん知ってます?シリーズ第六弾です。
今回はOVAの0080 ポケットの中の戦争です。

ネタバレにはしませんので、未見の方も安心してご覧ください。

私がこの作品を最初に見たのは、つい最近で一月ぐらい前です。ケーブルでやってたので見てみました。この作品の存在は知っていたのですが、わざわざレンタルとかしてまで見ようという気が起きなかったので、今まで見てもいなかったし、内容を伝え聞くということも無かったので完全に白紙の状態で見ました。

全6話構成なんですが、第1話を見終わったときの正直な感想は、どうかな?と言う感じでした。だってですねー、主人公が小学生なんですよ!一言で言うと"ガキ"なんですもん。

それでも、まぁ続きを見たんですが、MS戦闘がほとんど無いので派手さが無いんですよ、アレックス、ケンプファーとか良い感じのMSは出てきますが…。

と、ここまで余り良い印象でない訳ですが、タイトルどおり気がつけば好きになっていたんです!ストーリーとキャラクターの渦に飲み込まれてしまったようです。子供から見た、漠然とした戦争に対する憧れ、そして、知ってしまった戦争と言う事の現実、良いテーマですね。
ラストのMS戦闘の結末・ビデオレター・アルとその友達の言葉に不覚にも感動してしまいました。

総括としては、戦闘よりもストーリー、MSよりも人物がとても素晴らしい作品ですね、"ガキ"だと思ったアルも最後には好きになりましたし、サイクロプス隊の面々も良いキャラクターですし、もちろんバーニィとクリスもね。

何だかネタバレを恐れすぎて内容が薄くなりすぎた!これを読んで未見の人が見るとは思えないなー。
反省
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらにも
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。
こちらにもTBさせていただきますね(^^)

ポケット~いいですよね~~!
6話の前半は「オープニング?」と思わせるほのぼのした雰囲気をつくっているのに、あのラスト(;;)
い、痛い…
2005/03/11(金) 11:05:50 | URL | らく [ 編集・削除]
コメントありがとうございます。
らくさんこちらにもコメントありがとうございます。

>6話の前半は「オープニング?」と思わせるほのぼのした雰囲気をつくっているのに、あのラスト(;;)
クリスマス時期の日常と2人が和気あいあいで戦闘準備をしてるのがラストに重くのしかかってくるんでしょうねー。
2005/03/11(金) 15:55:18 | URL | はさにん [ 編集・削除]
      
トラックバック
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム0080 『ポケットの中の戦争』全6話 OVA 1989年  キャスト:辻谷耕史・浪川大輔・林原めぐみ ストーリー:宇宙世紀0079年12月。一年戦争の末期、連邦軍がサイド6でアムロ用に新型ニュータイプ専用ガンダム「アレックス」を開発している。その存在
2005/03/11(金) 11:03:47 | 超個人的独り言

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。