『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
いま、会いにゆきます 第4話 の感想です。

ゆっくり、のんびりいきましょう。そんな感じです^^

では、第4話の感想。
今回の私的3大ニュース!
1.かなりうまいケーキ屋の経営は大丈夫か?
2.ついでに四つ葉のクローバーは送らない。
3.先生どんくさい。

1.佑司に心を抉られちゃった俊ちゃん、確かにあの店は繁盛してるようには思えませんね~、立地条件も悪そうだし。生活していけるのかちょっと心配です。UFO屋さんはちゃんと軌道に乗った経営してそうですから、ちょっと弟子入りしてみては?

2.大会前に澪から四つ葉のクローバーを貰った巧。本人は人気者の彼(名前が分かんない)のついでに貰ったと思ってるみたいですが、ついでに渡す訳が無いですよね。なんで、人気者も持っていたのか早く明かして欲しいな~。あと、四つ葉のクローバーが”ゆうじの成長記録”BOXに入ってた訳も!

3.四つ葉のクローバーの修復を佑司に依頼された本郷先生、御飯つぶで直すのはいいですけど。どんぶり物?の残り御飯っていうのはどうでしょうか、腐るんじゃないでしょうかね?さらには、何処をどうやったらなるのか、もう一枚千切っちゃうし。先生は絶対外科医には向いてないですね、内科・小児科・精神内科この辺あたりがやっぱり適任ですね。

気づいたもの…
今回はちょっとパスという事で、すいません。
いま、会いにゆきます 第3話 の感想です。

終盤にあるであろう満ち足りた爽快感、それを体験する為にも最後まで見続けます。今の所はそんな感じです、ここで負けてはいけないんです。

では、第3話の感想。
今回の私的3大ニュース!
1.このドラマに家族愛を求めてない私は負け組。
2.教師に期待してはダメなのか?
3.本ぐらい買え!

1.今までの感想で、間延びしてるだるい展開だと言ってた私ですが、今更ながらその理由が分かりましたよ。私は、このストーリーで澪と巧の恋愛とそれに絡まってくるSFファンタジーを楽しみたいんですよ。と言う事で、佑司の親子愛ストーリーは私にとってそんなに重要では無いんですよね(ストーリーの根幹として絶対に必要なのは分かってるんですが…)。このドラマの描きたい物は、親子愛ですよね、多分。もうちょっと進めば、私の求める物もいっぱい出てくるかな?

2.教師という職業が聖職で万能だとは思いませんが、なんだか三浦先生にがっかり。佑司が真実を語らなかったのか、三浦先生が信じなかったのか?どっちなのかは分かりませんが、佑司の言い分を3者会談で語らなかったので、ちゃんとした聞き取り調査をしたのか不信感が募ります。また回想に出てくる教師にも幻滅、こんな教師達が同僚の澪ママもこんな教師なんじゃないかと疑ってしまいます(ただの言いがかりですね)。何だか見ていて非常に嫌な気持ちにさせられました。

3.続いて、出てきた嫌な奴、博史パパ。こんな人間だと、別居もするだろうし、息子もひねくれるし、息子の気持ちも分からない人なんだろうと思います。まぁ、そんな事よりも私が言いたいのは!重要な取引先に頼まれた本を図書館なんかで何で借りるの?買えよ!それにしても、国際通貨制度改革論なんて借りて、何するつもりなんだ、取引先さん?

気づいたもの…
・あの水槽を落としたら、博史くんはびしょびしょだよ…
・覗き事件の真相、澪は知ってるのかなー。なんかあるんでしょう?
・夜遅くまで電話してる巧、他の図書館はこんな時間に職員残ってるものなの?
・巧の発作が出るという病気の全容は、いつ頃、明かすのでしょうか?そんなに引っ張るネタでもないでしょうし、早く明かした方が巧の事を理解しやすいと思うんですけどなー。
・突然、真実を語りだす博史。あまりに突然すぎてびっくりした。博史がクラスで報告してる場に、担任が居ないのにもびっくり。
・「色々、悪かったね」…そんな言葉だけで許してなるものかー(ノ`△´)ノ
いま、会いにゆきます 第2話 の感想です。

間延びした展開に、ちょっと眠くなりそうですが、この時の流れがこの作品の特徴かなとも思う今日この頃です。

では、第2話の感想。
今回の私的3大ニュース!
1.今井君、君が読み聞かせの会をしなさい!
2.デリカシーが無い授業参観
3.だるい展開の中、回想に希望を見た!

1.佑司の参観日の為に、仕事を休む手筈を整えていた巧だったんですが、当日になって万里子の父親が倒れてしまって休めなくなっちゃいました。「館長達は出勤だけど…。ねぇ、分かるでしょう」って万里子は言ってましたが、私にはさっぱり分かりません。巧が出勤しないといけなかったんですかね~?あんまり真面目に仕事をしてないように見える今井君が、読み聞かせの会をすればいいと思うんですけど。現実的には、巧が澪ママに連絡を取るという事を思いつけばよかったのかも知れませんが。(本当に気づかなかったのか、遠慮したのかが分からないんですけどね)

2.佑司の初めての参観日、その授業内容は家族に関する作文の発表と親子で体育?参観日の内容ってこんなんで良いんでしょうか?私が親だったら、こんな特別の授業よりも、普段の授業風景を見せてもらいたんですけど。それに、今の時代だったら誰も来れないなんて事は結構ありそうですけど、そういった配慮は無いんですかね?家族の作文とか親子おんぶリレーとか、誰も来てない生徒を切り捨ててるんですけど。これって私の考えが甘いんでしょうかね?

3.ちょっとだるめの物語の序盤、あと数話はこんな調子で続くのかなと思うとちょっとキビシさを感じてしまいます。でも、今回から回想のさわり部分が始まりましたね。この時に澪が何を考えているかは、現時点で全く分からないんですが、とりあえず回想は記憶に留めておかなければと思い、一人で盛り上がってました。とりあえず、次回から回想バンバン入れません?

気づいたもの…
・ピンクレディーの歌を流し活動する友ちゃんのお店は、この世界観の中で浮いてません?
・すっとこどっこいな所を書けという先生はどうなのさ!?
・巧の働いてる図書館って仕事の上がりが早いよね、そんな職場で働きたい。
・澪ママに商品をタダであげる友ちゃん、そんな商売してると信用なくすよ。
・佑司の作文の花丸、すんごい手が込んでます。そんな三浦先生に花丸。
いま、会いにゆきます 第1話 の感想です。

とりあえず、ドラマ感想再開の所信表明演説をこちらのこの記事でどうぞ。泣き言しか書いてませんが…。

映画は見たけど、原作は読んでいない、そんな私の感想です。そこら辺だけ考慮していただければと思います。基本的にネタバレは無しの方向です。

では、第1話の感想。
今回の私的3大ニュース!
1.武井証くんは、凄い子役だなー。
2.突然、知らない夫と子供が現れたら受け入れられないよなー。
3.やっべー、初回から3つもニュースが見つからない。

1.映画から続投の佑司役の武井証くん、第1話を見るまでは、それは反則なんじゃないかなと思っていたんですがね。実際見てみると、やっぱりどうしようもなくハマり役なんですよね。この子以外、この役はありえないと思えるほどに。とりあえず、初回では物分かりはいいけどまだまだ駄々っ子っていう感じですが、この先佑司がどう成長していくのか楽しみです。

2.澪が亡くなって一年後の雨の季節、記憶を失くして戻って来た澪。自分の名前も分からない、何でここに居るのかも分からない、そんな状況で見知らぬ男と子供が現れて、”夫です息子です”って突きつけられても受け入れられませよね。まったく知らない人達なんですから。澪にとってはゼロから構築していく巧との愛、家族の絆、これからどう描くのか楽しみです。

3.初回と言う事で、まだまだ話が動いてませんのでしょうがないのかなと。大きく取り上げる事が無くても、面白そうと期待させてくれているので今回は2つで許してください。映画も前半はだるい展開だったしなー、その分後半の怒涛の種明かしの展開が面白かったんですけどね、思い返してみるとだるい前半に色々隠されてた訳ですし。

気づいたもの…
・MEGUMIだっ!私につっこまれに出て来たのか!
・中学時代の2人の写真、不自然な2ショットは伏線ですね。
・雨の日にわざわざ犬を捨てますか!なんて、ひどい。
・ママのイスに座った澪は、たまたま近くの席に座っただけでしょう。
・かなりうまいケーキ屋の誕生日ケーキの中には、イチゴは入ってないんでしょうかね?

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。