『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
勝手にシリーズ化しました、皆さん知ってます?第三弾です。

ふしぎの海のナディアなんですが、今現在NHK教育で再放送やってます。来週で最終回なんですが。私が最初にナディアを見たのは、中学生でしたね、何で見始めたのかは覚えてないですが1話目からちゃんと見ていたように思います。この作品は「新世紀エヴァンゲリオン」とかを作ったGAINAXが製作しております。原案はジュール・ベルヌの「海底2万マイル」です、設定とかをちょっとだけ使ってるっていう感じですね。

基本は、主人公の少年ジャンと謎の石ブルーウォーターを持つヒロインの少女ナディアのSF冒険活劇と言ったところでしょうか?色んなアニメ等の要素・パロディをうまいこと取り込んであるすばらしい作品だと思います。

一番印象に残ってるのは、万能潜水艦ノーチラス号クルーのフェイトさんがお亡くなりになるシーンです、彼の死ぬ直前、最後の叫びが悲痛すぎて心を打たれました、死ぬ事への恐怖を植え付けられた気がします。この回の再放送で私は泣きましたから。

問題があるとすれば、途中にいわゆる「島編」というのがあるんですが、私はどうもこの時のキャラクターの性格変貌やギャグ的な内容についていけませんでした。ストーリー的にドキドキワクワクの冒険・戦闘から一転して、ゆったりのんびりの「ふしぎな島のフローネ」かと思うような内容ですからね。GAINAXには、その時いろいろ諸事情があったそうです。まぁ、ジャンとナディアの精神面にスポットが当たっていると言えば必要なのかもしれませんが…。

とはいえ、最終回に向けての5回はとてもすばらしいと思いますので、見た事が無いという方は見てください!と言っても、再放送は当分無いでしょうから、DVDでも借りて見て欲しいな~。
このブログ初のコメントを頂きまして、コメントで返そうと思ったのですが、コメントにしては長くなりそうなので記事にしました。

天上天下は面白いかと言う事なんですが、ネタばれしないように書かせていただきます。

えー、私はもうすでに「天上天下」を好きな作品として認識してしまってるので、あまり公正な意見じゃないかもしれませんが…。

おもしろいですよ、大暮維人の画(筋肉&エロ)も好きですし。(成人向けの漫画を書いていた事を最近知りました)最初は学園バトル漫画です。異能の力を持つ者達の苦悩や生き方なんかのストーリーを見てください。あと、そんな無茶なというバトルシーンも!私の好きなキャラクターは俵 文七です、過去編ではこいつかっこよすぎですね。

問題があるとすれば、無茶な設定についていけないと感じたら、厳しいかもしれません。あと、途中に過去編が入るんですが、いつになったら現在に戻るんだと思うかも、私は現在の状況すっかり忘れてました、主人公は誰だったけという状態になりますから。(DESTINYのシン・アスカよりひどい扱いです)今なら一気に読めて問題無いですが、過去編必要ですし、好きですしね。

とりあえず、過去編に移行する4巻まで我慢して読んでみてはいかがでしょう?本当は過去編の終わる8巻までと言いたい所ですが長いですからね。一度お試しあれ!!
gooブログトップのトピックスに”嘉陽愛子ブログスタート!”とあったので見てきました。どれだけの人が嘉陽愛子のことを知っているんでしょうか?

私はTVアニメ版の「天上天下」を見てました、このアニメのEDテーマの"愛してね♥もっと"を歌っていたのが嘉陽愛子さんでした。アニメをバックに、この歌をEDとして聞いていた時には、あんまり印象に残っていなかったんですがっ…!
がっ!!

"愛してねもっと"のCMが番組中に流れたとき、やられてしまいました。なんなんですかっ!このPVっ!製作者サイドの罠にまんまとはめられてしまいました。こんなことされたら、”あいぴー”って呼んじゃいます。あー、こんな事を書いてる自分が恐ろしい。

もう少しTVの露出が欲しい所ですね、今晩に関西ローカルの「週くりぃむ」に出るので一応見ます。でも、普段の嘉陽愛子は扇子持ってないしなー。

関連サイト:嘉陽愛子のブログ「愛子の日記」

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。