『日々見聞きしたもの…。』
TV・雑誌等を見た戯言の羅列です。
このブログ内には、ネタバレ情報が含まれる可能性が高いのでご注意下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | page top▲
今回は、いつもと違った感想の書き方でいきます。

地震発生後8日目、楓が東京を離れた次の日からのスタートでした。

ほんのちょっとの胃を押さえてる場面を見て、異変に気付く進藤先生はやはりゴッドハンドなんでしょうか?

あーあ、日比谷先生が絶対悪ではなくなりました。残念ではありますが、日比谷先生の人間性が前回から見え始めて何だかうれしいのも本音です。「自宅が潰れた人なんか山程いますよ」っていうセリフが出た時に、もしかして…と思ったんですよねー。その後の場面で「家が潰れた人の気持ちがお前に分かるのかよ」のセリフが出た後に、外で電話する日比谷先生の姿が…。やっぱり自宅のマンションが潰れてるようです。

日比谷先生は、和也の事を気に入ってるんですかね?純介がうっとうしいので、敵の敵は味方ってこともありえそうだけど。

進藤先生と楓の電話を後ろで聞いてしまった日比谷先生、心の傷を治すのは時間じゃなくて誰かと話したりする人との触れ合いだって言うのを耳にしちゃいます。佐倉さんの、借家が燃えて甲子園の思い出の品が無くなったって事を小木さんに話すのを見て、納得いってないけど自分のマンションが全壊した不幸話をする日比谷先生も良かったです。「話したから何だってんだよ~」っていう捨て台詞もね^^日比谷先生には、親子でそばを食べに行って欲しいなー。

ボランティアが怪我した一件ですが、責任はやはり本人が第一番目に取らないといけないんでしょうねー。和也はひたすら謝ってますけど、和也も悪くないですよね(俺の責任じゃねーよとかを言って欲しい訳じゃ無いですよ、こういう言い訳をしないのが和也らしさなのかな)。

寺泉に責任のコメントを求め詰め寄るレポーターに激しく疑問を感じます。怪我をしたボランティアの人は、確かに寺泉の呼びかけに応じ、手伝いをしていましたが、彼の責任なんてこれっぽっちも無いと思うんですが…。ボランティアがいなくなったらレポーターがボランティアしろっちゅうねん!!!寺泉自身は、照れ隠しかもしれませんが、一番嫌いな市民運動家上がりの政治家と同じ事を言っちまった!とか言ってますが、今回のコメントは上辺だけじゃない、彼の本音だと思います。

そんな寺泉に、再び内閣入りの話が転がりこんで来ましたねー!こっから、寺泉の権力への道が始まるんのかなー。と言っても、今の寺泉と内閣の面々とでは意識の違いが摩擦を生みそうですね。某踊るシリーズのように会議室と現場の違いが描かれていくんでしょうか?

指輪をなくしちゃう楓ですが、気が動転しすぎです。あんな短時間で指輪が砂浜に埋もれる訳ありません、足跡のとおり歩いて注意深く見るだけで見つかると思いますよ。

楓が帰ってきました、この時の靴が薄汚れたスニーカーだったのがgood!です。やはり、大友さんのピンクのピンヒールブーツは叩かれたんでしょうかね?あのカッコなら被災地を進んできたという事に、少しは信憑性を持たせられます。衣装は綺麗でしたけどね…。

今回は、省吾君のクレヨン画ギャラリー、出なかったですね(T_T)

次回から公式ホームページの関係図に出ている黒木・進藤両先生の”対立”が描かれるようですね。ヤジさんキタさんも気になります。
今クール私が一押ししてるドラマ救命病棟24時が、オリコン・モニターリサーチの調べで視聴者の満足度が最も高いドラマだという結果が出たそうです!

バンザーイ!\(^o^)/

自分がせっせと感想書いてるドラマがこういう評価だと知ると、何だかうれしいですねー。

でも、この調査を行ったのが1月27日~1月31日と言う事で、第3回が放送終わった頃なんですよねー。もし、今この調査をしたら、ちょっと違う結果になるんじゃないかと思ってしまいます(@_@。

Yahoo!ニュース視聴者の満足度が最も高いドラマは、『救命病棟24時』!
あっという間の1時間だった第6回です。

裕樹の様態が急変です。不整脈を起こし、VPC(心室性期外収縮の略。心室で余分な電気刺激が起きていることだそうです)が連発、心筋挫傷の疑いが。さらに状況が悪化、除細動の処置をするが除細動できない、このままだと血液が回らずに脳が死んでしまうので、手術の為にPCPSで体外循環をしようとするが、まだ修理が終わってなかった。他にどうする事も出来ないので、進藤先生が除細動と心臓マッサージを続けた。

45分が経過し、日比谷先生は諦めたようです。泣きながら「死ないで」と抱きつく楓は諦められず、心臓マッサージを続ける。

こんな場面で、OPに入る。こんなに展開が速いとは思ってなかったです。裕樹の死を決定付ける描写はありませんでしたが、もう亡くなったんでしょう。私は、かなり裕樹が死なないと信じていたんですが、ダメでしたか…。OP前であっさりと亡くなったように感じた私は泣く事もありませんでした。裕樹が亡くなる時は泣くだろーなーと思ってたんですがねー。

OP明け、看護師がミーティング中ですが、みんな一様に暗い。そんな雰囲気を察して、佐倉さんが今日から電気が復旧する事を報告するが、佐倉さんのパワーでもみんなは明るくはなれないようです。省吾くんと千尋ちゃんは、誰もいなくなった裕樹のベッドを見つめる。黒木先生は、PCPSの修理風景を見つめながら目には涙を浮かべてるように見えました。日比谷先生が、楓の様子を河野兄に聞くと、霊安室代わりになっている会議室に居ると言う。ここで、やっと裕樹が亡くなった事が決定付けられちゃいましたね。

場所は変わって、病院の地下ですかね?ボランティアの受け入れを、佐倉さんと河野弟でやってます。ボランティアにやってきたのは、富山からヒッチハイクで来たシホや、妙に張り切ってシホに興味ありのマサト達がいた。マサトは何だか軽い感じで第一印象が非常に悪いです。

楓は、裕樹の実家に亡くなった事を伝えた。裕樹の父は、遺体を引き取りに行きたいと言うが、無理だと分かると顔が見たいので、荼毘に付すのをまってくれるように頼む。顔を見せるためには遺体を岡山に運ぶしかないんでしょうけど、東京からの搬送は難しいですよねー。

黒木先生は加賀さんが亡くなったのは自分のせいだという。そんな黒木先生に進藤先生は震災が原因で亡くなったんだと声をかけ、自分たちの無力を認めて死を受け入れるしかない時もあるとも言う。そうですよねー、黒木先生のせいでは無いですよ、自分を責めないで欲しいです。

寺泉のいる避難所では、被災者が帰ってきていた。寺泉が撮影された映像がTVで流され、物資が避難所に集まってきたからだ。ヤジさんキタさんが大統領ー!とか言って持ち上げてます。寺泉はPRの為に、被災者の色んな要望をなんとかすると言っちゃいました。寺泉も動機は不純ですけど頑張ってます。

マサトは清掃班に移りたいと河野弟にお願いします。理由はポリタンクが重いし、シホちゃんと一緒がいいんだってさー。なめとんのかボケー!いかんいかん取り乱してしまいました。さらには、宿や晩飯の心配をするマサト、作業に関しても臭いとか文句ばっかり、ついに怒った河野弟、もういいから帰れと言いマサトを突き飛ばす。「ボランティアに来てやってる」と言うマサト。そんな事いう奴にボランティアする資格はありません。やってしまうんだ、河野弟!殴り合いになっちゃったので、”もじゃお”こと佐倉さんが、間に入って止めますが、とばっちりで殴られちゃいました、あくまでも彼は損な役割です。

ショーック!日比谷先生、絶対悪から少し脱却したように感じました、口が悪いのは健在ですがね。私もこんなのが医者になったって良いと思いますよ。上が出来がいいからって卑屈になるな弟!日比谷先生からそのようなお言葉出るとは思わなかったです。

寺泉は、せっせと物資の補給依頼をしてます、TVクルーがまた来たので、アピールのチャンスと雄弁を奮う。しかし「今、国は考えている」と言う言葉に、「それはおかしい」等と被災者の不満が爆発し、「パフォーマンスだ」とまで言われてしまう。ついに寺泉は「だまれお前ら!」と叫んでしまった。被災者の精神状態も分かるが、寺泉も頑張ってるんだから、自分の要求だけするってのもねー。寺泉もそりゃあ切れますよ。最初からいたおばあちゃんやヤジさんキタさんは寺泉を擁護してくれて良かったよ。でも、最後のおばあちゃんの表情は何なんでしょうか?

寺泉の先程の様子が放送されたが、言い争いの場面は放送されなかった。自分たちのやってる事は底の浅いパフォーマンスだと言う寺泉、青木には人助けをしてるといわれるが、寺泉の中ではそんな気になれなかったようです。寺泉は加賀が亡くなったのは自分のせいだと黒木先生に謝る。寺泉ののせいじゃありませんよ、震災が原因です。黒木先生もどの道間に合わなかったって言ってますし。寺泉の善人部分が本心から謝らせたような気がしてなりません。

児島先生が、簡単な処置をミスってしまった。気丈に振舞ってはいたが、やっぱり愛する人を失ったショックは大きいですよね。失敗した事を裕樹の前で話してると、進藤先生が入って来て、広島からの救急車で裕樹の遺体を岡山で搬送する用意が出来た事を伝える。児島先生も岡山まで付いて行って、向こうでしばらく休んだほうがいいと進藤先生。私は今の状態の児島先生は、医者として信頼できない精神状態であると思うので、本当にゆっくりしていただきたいです。

「何も心配しなくていいから」と見送る黒木先生。「いってきます」と頭を下げて楓は岡山に向かった。車内で裕樹に貰った指輪をはめ、裕樹の顔を見て泣く楓。2人っきりの状況で思う存分泣いて頂きたいです。

省吾くんのクレヨン画コレクションが増えて来てます。ヘリコプター、色んな食べ物、かえで先生。2枚目の記憶が無いんですけど、何の絵でしょうか?どなたか教えていただけないでしょうか。

突然入ったプレゼントのお知らせ、MEGUMIのアップが出てきたんで何が始まったのかと思いました。予告を待っていた私は拍子抜けしましたよ。

予告

児島先生は、まだ帰ってこなくてもいいと思います。裕樹を失った喪失感により、楓は無気力になってるように見えるんで。ゆっくり休んでください。

感想をもっと短くしたいんですが、どうにもこうにも端折れません。どうしたらいいんでしょうかねー?
1週間待ってました、第5回です。

えー、もう地震発生後6日目ですか!もう地震直後のドタバタは終わりということですね。地震直後の余震の恐ろしさも描いて欲しかったなーと思ってます、絶対に余震で亡くなったり怪我したりした人がいたはずです。一回も余震が無い事なんて有り得ませんからね。

黒木先生が帰れるのはもうちょっと先のようですねー!でも状況は少しずつ変わってきているようです、ボランティアも各地から集まってきているし、ヤジさんも退院するそうです、付箋も大分減って来ましたし。

加賀の意識が戻りしましたが、予断は許せない状況のようです。医療機器もまだ全て稼動していないようで、高度救命救急とは呼べない状況だそうです。頑張れ黒木先生!

望は、まだ実家に連絡を取っていないようです。その頃、望の親父さんはやっとの想いで、東京の望の住んでいた場所に着いたようです。そこには、全壊した建物が…、近くにいた人に聞いてみても、若い人が何人か亡くなったという情報しか無かった。

河野先生の居る、避難所では、物資が底をつきかけているようですし、先生の体調も悪そうです。寺泉はやはり悪人になりきれないですね、すがるよな目つきに負けたそうです。あんたは根っからの善人ですよ^^人手が足りなくて支援物資が行き渡らないのは、ボランティアが機能するまではしょうがないという気がします。頑張れ運送屋寺泉!

河野先生の居る避難所に望の親父、写真を見せて望を探します。寺泉が水と御飯とTVクルーを持って来ます、でも詰めが甘くアピール出来なかったね。その時、河野先生が倒れてしまい、東都中央病院に搬入されました。

小島先生の仕事振りを見る加賀さん楓を見直したんじゃないですかね。望と親父さんはニアミスするが会えませんでした。河野弟は何も出来ずおたおたして叫んでたら邪魔者扱いされ、河野兄に居たって役に立たないと言われてしまう。そのまま外に飛び出た河野弟を追いかけた望が見たのは親父さんだった。ビンタしてしまう親父さん、心配だったんだよねー、連絡しない望が悪いよー、そのまま病院に戻っちゃうし。

食べ物のお絵かき&しりとりをする千尋と省吾、無意識の欲求ですかね?黒木先生はまた寺泉に泣きつく。食料問題、医療機器の修理をするためにどうにかしてくれと、確かに衆議院議員には、どうにもならないよねー。

望と河野弟、すれ違いざまに気になってるので互いに質問。河野弟は一年まともに会話してないと言うが、望は2年口聞いてないと言います。ひっぱたいた原因を聞かれて医療ミスを告白する望、親父さんの言い分も分かる、本当に自慢で大切な娘に立ち直って欲しかったんだよ、でも望には酷ですよね。

河野兄は、河野先生に転院を命令します、河野兄ムカつく、言い方があるだろうに、あんたは日比谷先生のようになるのが落ちだよ。河野弟も河野先生に話しかけられたがその場を立ち去る。

小島先生に良くないと言われる河野兄、小島先生よ正論をぶちかましてくれてありがとう、これを聞いて河野兄は改心しなさい!

進藤先生に話しかけられる河野弟、説教かと反発してます。エリートコンプレックスなんですよね、進藤先生を完璧だと自分とは違う完璧な別世界の人間だと言っちゃいます。救えなかった方が多かった必死だったと言う進藤先生、嘘だっ、あんたの目の前の人間はほとんど死ななかったよ。

河野先生には、家族としての言葉が必要だと言われ考える河野弟、働いている望が目に入る。親父さんはどうしたか聞いたが、あくまで親父さんに冷たい望。そんな望に「もし、俺の親父が地震で死んだら俺は泣くと思う。」と言って去って行きました、何か吹っ切れたかな?

望の親父さんは食料を持って来ていた事を思い出した、その頃、災害伝言ダイヤルを聞く事にした望、伝言には親父さんの伝言が入っていた。
炊き出しを始めた親父さんに、娘の無事を尋ねる避難所に居た人、無事だったと聞き拍手するみんな、生きてたと泣き叫ぶ親父さん。うわ、泣く親父さんに泣かされるとは思わなかった、泣かせないで下さいよ~親父さん。
伝言ダイヤルを聞いた後、炊き出しをする親父さんを見て、泣きながらごめんなさいと伝言を残す望。親子のわだかまりは無くなったかな?

寺泉のご飯役に立って良かったね、みんなおいしそうに食べてるよ内閣には入りそこなったけど、人間としていい経験してるよ。

河野先生のそばで御飯を食う河野弟は、母さん寂しがってるよと説得。続いて河野兄は、親父には長生きしてもらわなくっちゃ。まだちょっと、私は言い方にトゲを感じるがまあマシになったかな。

将来を考え直すという加賀、救急医の楓を見直したみたいですね。

災害伝言ダイヤルを聞くなという望の親父さん、分かったと言う望、良い親子関係に戻ったみたいですね。河野先生も望の親父さんに運んでもらえるようですし。良かった良かった。

今日中に高度救命救急に戻れると言ってる時に、加賀の様態が急変っぽいです。ここで今回終了ー、えーっ!PCPSって何か知りませんが、これが無いと加賀は助けられないとかなんでしょうか?調べてみました、PCPS=経皮的人工心肺装置だそうですが、なんのこっちゃ?

予告

やっぱり加賀さん亡くなっちゃうのかな?特別出演だから、もっと早く死ぬ覚悟はしてたけど、最近の流れだと死なないのかなとかも思ってたんですが。
寺泉にも何かあるようです、パフォーマンスだと責められてますし、黒木先生にも謝ってます、これはPCPSの事かな?こっから寺泉の善人魂が爆発していきそうな気がしますねー。
河野弟も怒ってます、食い物と寝る所は自分で用意しろ見たいな事を言ってます。多分お気楽ボランティアに怒ってるんだろーなー。
待ちに待った第4回です!

紗英ちゃんはもう退院するようです、意識も回復したし、もう自殺を繰り返すことも無さそうだしね。ストーリーにはもう絡んでこないのかな…。

大友さんは、かなり人間関係ギクシャクしています。佐倉さんが助け舟を出してますが、沈没してしまいましたね。
日比谷先生も帰ってきました、とんでもなく悪役です、嫌な奴オーラ全開ですね!この時も佐倉さん潤滑油になろうとしますが失敗。
帰った人への蔑視は根が深そうですね、日比谷先生の場合は人間的にも問題ありですが…。(私は日比谷先生は大嫌いですが、彼にはドラマを面白くする為に途中で改心することなく、とことん悪役街道を進んで欲しいです)

前回の予告で、佐倉さんがカーテンを閉めるシーンがありましたが、ヤジさんの食事風景を千尋ちゃんに見せない為とは思いませんでしたよ。ヤジ・キタ・サクラトリオは面白いですね~。

望がまだ連絡入れてない博多では、望の親父さんが食料やら調理器具を車に積み込んで東京に向かうようです、娘の捜索&炊き出しですね!この親父さんも良いキャラクターだなー。望の過去が本人の口から出る前に、あっさりばらされましたね(予告でばれてましたけど…)

省吾君が再び喘息の発作を起こしました!ついに望が医療行為に踏み切ります、ちゃんとテキパキ作業をして発作を鎮めました、千尋ちゃんもびっくりしてますよ!その時、進藤先生登場ー!望は作業を見られてしまったので、わざわざ追っかけて進藤先生に黙ってるようにお願いしてます。進藤先生は望に手伝いをお願いしました。それを「出来ません」とはっきり言い切る望は、医師の医療ミスで患者を死なせた為に、怖くて何も出来ないと言います。この先、仕方なくでも省吾君を助けれた腕を使っていくことになるんでしょうね。

進藤先生の奥さんが回想で少し登場しましたね、ちょっとしんみり。

省吾君の両親が埼玉の病院で見つかりました、良かったですねー。

寺泉は前回で善人ポジションになったかと思いましたが、まだまだ嫌な政治家の演出も残ってますね、でも悪役になり切れない感じです。寺泉が持ってきた缶詰を皆に配る千尋ちゃんは良い子だねー。それに比べてヤジさんは大人気ないですねー。

医師、看護師とも集中力も低下し全員の苛立ちも高まってます。そんな時、進藤先生の一喝が入りました、冷静になれ、患者の顔を見ろ!と、人の命の重みを感じるには、相手の顔を見るのが一番かもしれませんね。一枚岩になれないスタッフに、進藤先生が児島先生の婚約者が行方不明って事をばらしちゃいました、そんな風に感じさせない児島先生にスタッフは考えさせられたようです、皆さん物分りの言い方ばかりで良かった。

河野兄は進藤先生に惚れたようですが、河野弟は黒木先生に惚れたようです、タイプは全く違うがどっちもかっこいいもんねー。どっちか選べと言われれば、私は黒木-弟コンビの方が好きですがね。

大友さんの働きが認められて、皆と人間関係が修復出来たようです。隠れて泣いちゃいました、これからもがんばって(佐倉さんも)。望は現場復帰する決断をしたようですね、煎餅を欲しがってる人に間違えられたのは面白かったです。次回すぐに現場復帰できるんでしょうか?

一段落ついたみたいで黒木先生は寝るようです、良かったですねー。「僕も寝ます」って言うから、何の事かと思ったら、加賀のベットに寄り添い児島先生が寝てました。その姿勢やとしんどいですよ児島先生。

どうも気になってるのが東都中央病院の患者数なんですけど、絶対少ないですよね!もっと廊下とかに溢れかえる程に患者が搬送されそうですけど、地震発生3日目だとこんなものなのか?でもアズマ記念病院はごった返してたのになー。それに、みんな人手が足りない足りないと言ってるが、結構一人でプライベートの時間を過ごしてるような気がするんですが…。児島先生のラジオとか、どうなんでしょう?

ちなみに今回は泣きませんでした、今回良い味出してたのは河野弟と佐倉さんですねー。

Copyright © 2004 Powered By FC2 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。